Dr.Axe フランキンセンス

[日本語訳]フランキンセンスの利点と使い方 Dr.Axe

こんにちは。YouTubeにて、ドクターAxeによる動画を見つけました。その中でドクターAxeは、がん患者にフランキンセンスをまずは奨めています。早速日本語に訳してみました。つたない訳ですが、誰かのお役に立てればうれしいです。ご興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。その動画は、「Frankincense Oil Benefits and Uses」(フランキンセンスオイルの利点と使い方)というタイトルです。(動画は削除)

(日本語訳開始)
こんにちは、機能的薬学(Functional Madiicine)ドクターであり、栄養士のAxe博士です。私は、世界で最も強力な免疫促進剤で最も強力なエッセンシャル・オイルについて話すつもりです。それは,フランキンセンスエッセンシャル・オイルです。今日私は、このVideoで、正確にその主な利点についてと、あなたの健康を改善するため使用方法についてお話ししようと思っています。個人的に私にとって、定期的に、私と私の家族が一番よくやっている自然薬の取り方です。

フランキンセンス歴史
フランキンセンスには、驚くべき歴史があります。この油は、5000年間以上使われてきました。実際、私たち多くが毎年クリスマス物語を聞くとき、そこで、生まれてばかりのイエスと金、フランキンセンスとミルラを持ってきている3人の賢人について、必ず我々は耳にするでしょう。我々のほとんどは、金が何であるかわかっていますが、大多数の人々は、フランキンセンスとミルラが何であるか全くわからないですよね。フランキンセンスには本当に価値があって、現在、金と同じような価値がなければなりません。なぜなら当時、それが薬としては一番よい自然な免疫促進剤だったということです。ですので、3人の賢い男は、金だけでなく、フランキンセンスも持ってきたのです。さて、その当時フランキンセンスは、このように使われてきました。幼いイエスが生まれたあと、彼らはフランキンセンスオイルを手にとって、しばしばそれで彼の体の表面に刷り込みました。その頃のウイルスと悪いバクテリアにさらされて、彼が病気にならないようにしたのです。フランキンセンスオイルには、強力な抗菌性の特性があるのです。また、出産のプロセスの間には、神経性とともに熾烈な炎症をしばしば起こす事がありまして、赤ちゃんの頭を見ると、時々赤みを見つける事があります。そして、彼らの体に、若干の挫傷を見つける事ができます。そこで、フランキンセンスオイルは、循環を改善して、私が今日これまでに見た何よりも速く挫傷を癒やすのを助けることができます。フランキンセンスは、イエスが育った時も、すでにそのように用いられてました。現代さえ、あなたが職場に行っていて、子供をデイケアに行かせたりするとき、あなたの回りの人達が、病気であるということを知っているならば、あなたはほんの2滴のフランキンセンスオイルを手にとり、それを胸や首まわりにこすりつけるとよいでしょう。それらがあがってくる蒸気、その自然な香りとフランキンセンスに含む性質はウイルスと病原体を殺し、そして、あなたが病気にならないようにしてくれます。私がどこかに行くような時には、少しフランキンセンスを自分の体につけます。それはすばらしい香りで、そして自然なやり方で、元気にしてくれたり、免疫力をサポートしてくれます。

もうひとつの主なフランキンセンスの利点は、それはとてもすばらしいものです。というのも、フランキンセンスは、癌細胞と闘うには、ナンバーワンのエッセンシャルオイルなのです。実際、あなたがネットにて、グーグルで検索しますと、これは実際やってみてほしいのですが、「frankincense cancer」と検索しますと、私の書いた記事、フランキンセンスの最高の利点を調べたものや、癌と闘うことについてのすべての研究について見る事ができるでしょう。実際、もし私が家族やだれかが今まで癌であると診断されたら、まず始めに私がおすすめすることは、定期的にフランキンセンスを使い始めるという事です。なぜなら、癌予防に関してのすべての研究が実証しているからです。繰り返しますが、フランキンセンスを使うという理由、そして、それらの研究について、よく検討してみてください。ちなみに、私の書いた記事は、とても人気があって数万件以上のシェアがされています。そしてフランキンセンスについての私の記事で学ぶ情報にあなたは驚く事でしょう。draxe.comでもその記事が見れると思います。フランキンセンスについて調べてみてください。

もうひとつのすばらしいフランキンセンスの利点は、しみやそばかすを減らす事ができるというものです。もしあなたがお肌に傷跡やニキビや日焼けのダメージによる肌の変色やしみやそばかすなどが常にあるようならば、フランキンセンスをいくらか塗るだけで、それは役立つでしょう。私の妻と私がしていることは、自宅にて毎晩寝る前、自然化粧水とフランキンセンスを取り出してそれらを混ぜて使っています。それは肌のトーンといい、傷跡を減らしたりと、なんにでもこのように夜にケアすることで、本当にすばらしい効果が得られます。

もうひとつの人気のある昔からされてきたフランキンセンスの使用方法は、精神的な目覚めのためのものです。現代では、これは一部の人たちを驚かせることになるかもしれませんが、フランキンセンスは、世界で一番の自然な抗炎症薬といえます。なぜなら、それにはボスヴェリア(Boswellia)という成分が含まれているからです。そして何度もあなたが祈っているときや瞑想しているときに、フランキンセンスは人々が精神的な目覚めを増大させるためのようなものと呼んでいたであろうし、あなたがあなたの心に何か違ったものをもつことができたりするようになったでしょう。あなたはなんらかの脳にショックのようなものや、どうしたのかわからないような感覚を感じるでしょう。なぜなら、フランキンセンスは 脳炎症を減らすからです。それは考えをよりクリアにすることができます。そして精神的な目覚めを増大することができます。実際異なる儀式で、ユダヤ人のシナゴーグ、カトリック教会、復活祭の正教会と他の世界の宗教がフランキンセンスをお香として普及させたということを、私は知っています。フランク+インセンス(お香)…フランキンセンス。これらは何千年の間、異なる宗教の儀式で使われてきました。

最後になりますが、大事な点は、フランキンセンスは炎症をかなり減らすという点です。あなたがなんらかの炎症状態と闘っているならば、フランキンセンスを使うことは、大きな助けとなります。フランキンセンスを服用する際にベストな方法は、親指に2滴ほどたらし、口を開けた天井にそれを刷り込むことです。空気拡散してもいいです。エッセンシャルオイルのすばらしいところは、あなたが刷り込んだほんの少しの合成物で、それらはあなたの細胞の構造を通り抜けることです。フランキンセンスは、非常に豊かな歴史を持っています。5000年もの前からナンバーワンの自然な薬なのです。私はフランキンセンスをあなたの救急箱に常用することを、本当におすすめします。私は、ほぼ毎回フランキンセンスを使っています。もしあなたがフランキンセンスについてもっと学びたければ、私のウェブサイトdraxe.com を訪ねてください。または、グーグルで「frankincense cancer」、「 Dr.Axe and frankincense」と検索してみてください。そしてFacebookで数万件シェアされた記事が出てくるでしょう。それはきっとあなたに役立ってくれるでしょう。また言いますが、フランキンセンスは、あなたの健康を次のレベルにまで引き上げてくれるすばらしいエッセンシャルオイルです。

(日本語訳終了)

ドクターAxe、語ってましたね〜。疫力アップ、がん細胞の死滅、お肌の再生(シミなど)、スピリチュアルな目覚めの促進など、どれもこれも魅力的なお話でした。このブログを検索してくださった見に来てくださった方、癌についての少しでもご参考になれば幸いです。

[日本語訳]フランキンセンスのガン自然治療法についてDr.Axeが語る

このブログでも、とてもアクセスの多いDr.Axeのフランキンセンスガンについての記事ドクターAxeフランキンセンスの利点と使い方なのですが、フランキンセンスのガンに対する効果について、より詳しい記事を見つけました。今回は、ドクターのホームページで、フランキンセンスを使ったガン治療についての記事になります。私なりに日本語訳をしてみました!もしご興味のある方は、チェックしてみてくださいね。ご紹介する内容は、Dr.Axe.comの中にあるこちらのページです。(英語)→

記事のタイトルは『Frankincense Oil Cancer Natural Treatment』(フランキンセンスオイルのガン自然療法)です。ドクターは、より詳しくフランキンセンスがどうのようにガン治療に役立つのかについて書かれています。フランキンセンス/ボスウェリア属の樹木から分泌される樹脂。

(以下日本語訳)

語り継がれている話によると3人の賢者であるマグスはイスラエルの幼い国王に敬意を表すために金、香水フランキンセンスと、精油ミルラを贈り物として献上したと言われています。この話はなまじウソではありませんが、他の出所によれば彼ら、極東からきた賢者は、幼いキリストに貴重で高価なエッセンシャル・オイルを与えることにより医療レメディーの効果を高める事が出来るという狙いをもっていたと言われています。

フランキンセンスの効能

5000年以上の間、フランキンセンスは、免疫系をサポートして、感染を抑え、病気の治療に使われてきました。

フランキンセンス瓶.jpg

今日、フランキンセンスの効能としては下記のもがあげられます。

炎症を抑える。
ガン細胞を破壊。
スピリチャリティーを高める。
免疫力を高める。
感染症と闘う。
不安感を軽減させる。改善する。
皮膚を再生させ、ニキビを減らし、傷を治す。

昨年、クリスマスの数日前、英国レスター大学はプレスリリースで「賢者」はイエス・キリストへ富をもたらしただけではなく、薬を献上したという考えを再び発表しました。この発表後のアナウンスメントにて「レスター大学の研究者達はフランキンセンスに 卵巣ガンのガン細胞を死滅させる特性があることを発見した」と報告しました。政府資金による研究において、末期卵巣がん患者のガン細胞に、合成物AKBA(アセチル-11-ケト・ベータ・ボサベリック酸/フランキンセンスに含まれる)を使う事で、初めてフランキンセンスの効果とその有効性を証明することが出来たと述べている。主任研究員、Kamla Al-Salmani氏は「卵巣ガンに置けるガン細胞にAKBA合成物を投与した1年後の調査において、ガン細胞が死滅させる効果があると言う事を示すことができた。」と述べています。フランキンセンスを接種した多くの人々から副作用はでていません。そして、この発見は、将来、臨床試験を経て、卵巣がんの特別な治療へ発達する高い可能性があります。

ガンを死滅させるフランキンセンスのパワー

その抗炎症作用のある特性のため、ボスウェリアセラータとして知られているフランキンセンスは、喘息、胃腸炎などの民間医療現場において、また肌を整えるなどヘルスサプリメントとしてよく使われています。レスター大学での研究などの新しい研究により、フランキンセンスが病気を覆す力があるという事が、より確かなものになってきました。脳、胸、結腸、膵臓(すいぞう)前立腺、胃、これらのガンのための潜在的治療サプリメントとして、AKBAはうまく結びつき、これらの研究や臨床によるフランキンセンスガンと闘う卓越した能力については『Carcinogenesis』や『PLoS One』のような医学専門誌に多数掲載されています。ダラスのベイラー大学のメディカルセンターの研究者によれば、「フランキンセンスガン細胞を死滅させたのは、細胞上の後成的な分子によるものといえる。(後成的な分子ー遺伝子の機能変化をしめす分子) 後成的な分子は、遺伝子に治癒を促進するために作用させる最も重要な部分を持ち、さらに自ら調整して良い状態にする働きをしている。」ベイラー大学のガン科学者は、「この効能によりフランキンセンス( Boswellia)は、ガン予防と治療の両方において現実的でふさわしいものである」と重要視しています。

フランキンセンスオイルのガンの自然な治療

自然療法によって癌治療をしている人の中で、フランキンセンス( Boswellia)を治療に加えた人々は、自分自身で、この奇跡エッセンシャル・オイルから、倍の恩恵を得てしているのに気づくかもしれません。多くのガン患者にとって、ガン治療がガンそのものより辛くなる時があります。どのような生活をしていけばよいかという点と、どうやって症状の抑圧をするという点がこの致命的な病気にかかった多く人の注目の的であるといえます 。ガン治療の副作用は、心身を衰弱させ、ガンであることを全く惨めなものにしてしまいます。
たとえば、腫瘍の放射線治療後、脳に脳浮腫(頭の中ではれている)がみつかる脳ガン患者についてあげてみますと、一般的に、これらの人々は腫れをコントロールするためにデキサメタゾンと、他の副腎皮質ステロイドで治療を受けますが、ステロイドの致命的な合併症が無限にあるので、これは体にとってかなりの負担になります。残念なことに、ステロイドによる治療により偏頭痛や、かすみ目などをおこし、ガン患者は本来助けられるはずの薬から過剰な有毒物を受けて苦しんでいます。ありがたいことに、フランキンセンスはこの恐ろしい問題に、自然で実行可能な解決策を提供します。2011年、腫れている脳がどのようにフランキンセンスによって影響を受けたかについて評価している44件の人臨床試験の成績を、Journal Cancer(医学雑誌)は発表しています。驚いた事に、患者の60%は、4200mg/日のフランキンセンスで治療を受けた後に、75%またはそれ以上の割合で脳腫腸減少を示しました。放射線治療に割り当てられるガン患者のためにステロイドの代わりに、この強い効き目をもつエッセンシャル・オイルを処方することを考えるよう科学者たちが医学界に促しています。これらの結果は、とても重要と言えます。この記事が、一環のガン治療の中で瞬く間に広がることを、我々は望みます。より多くの人々がこのフランキンセンスのガン治療方法を利用するならば、多くの人たちがその恩恵にあずかることができるでしょう。上記のように、Boswellia serrate(フランキンセンス)がガン細胞を殺すことができて、腫瘍肥大を予防できるならば、自然療法を実施している人々のために、無限に役に立つことでしょう。他のガンについてより多くを学びたい方は、『Top Natural Cancer Treatments and Forbidden Cures』の記事をご覧下さい。

フランキンセンスは、免疫機能に有効です。体に対する研究の発達によって、最近なぜフランキンセンスが健康にとても有益であるかについて、理解への扉が開けられました。Phytotherapy の調査研究の発表によると、たとえば、マウスが口の中に1-10mgのBoswellia serrate(フランキンセンス)を与えた時、マウスの免疫系の複数のレベルが刺激されるということが発見されました:

●過敏性反応の遅れ(早くて24時間、遅くて48時間)
●IgG
●IgM
●サイトカイン(インターフェロン・ガンマ、インターロイキン-4と腫瘍壊死因子α)
●T細胞インタラクション(すなわちCD4/CD8(通常、エイズ患者で低いです))

フランキンセンスは、ほかのどれとも類を見ない免疫システムを促進させる効果があります。それは、増殖しているリンパ球(白血球(体の主要な弁護団です))によるもの、そして、炎症を(おそらく大部分の慢性疾患の主要な危険因子である)寄せつけないことによるもの、これらの2つの根本的な方法で成し遂げられます。フランキンセンスが、なぜ気管支喘息、クローン病、慢性関節リウマチと潰瘍性大腸炎のような自己免疫状態を治療する時にそれほど効果的かについては、これで説明できるでしょう。今すぐに、あなたの自然な健康療法にフランキンセンスを取り入れてみてください。このエッセンシャル・オイルは、呼吸を楽にするために室内散布することができます。または、直接エッセンシャルオイルもしくは軟膏のようにして、皮膚に擦り込むことも可能です。そして、フランキンセンスを2、3滴のエッセンシャル・オイルをサプリメントとして、舌の下に落としたり、口腔上部にすりこんだり、カプセルの中に入れて経口投与することもできます。エッセンシャル・オイルの驚くべき健康効果について詳しく知りたい方は、この無料のドクターAxeのエッセンシャルオイルのガイドをご覧下さい。あなたは、フランキンセンスオイルを使ったことがありますか?これは、ぜひ多くの人に知っていてほしい情報です。(以上日本語訳)

詳しいフランキンセンスの服用の仕方は、こちらの記事をご参考にしてください。

YouTubeでは、英語字幕でしたので、画像の下に日本語訳をつけましたので、ご参考までに。日本語訳は、私のつたない訳ですので、専門的な内容ということもあり間違いなどもあるかもしれませんが、どうぞお許しください。みなさんのすこしでも参考になればうれしいです。

ドクターMahmoud Suhailによる、がんの上にフランキンセンスを塗った場合の前臨床結果

(以下日本語訳です)

Boswellia sacra extract(フランキンセンス)

我々は、Boswellia sacra extract(フランキンセンス)を治療のために使う機会を得ました。

まず最初は、初期の病害を持つ上行結腸、肝臓への転移、そして、転移や腹水症やリンパ節の腹膜病巣のある肝胆道のある腺癌のケースでした。

例えば、癌胚抗原は210㎖でした。
念のためにいいますと、正常範囲は5-10㎖です

それが10以上であるとき、つまり10から20㎖以上としますと、
高い診断基準で あなたが、ガンであることが言えます。

20以上の場合は、確かに転移を意味します。

癌胚抗原は、正確には16日の間に、210から18まで減少しました。

そして、我々は21日未満以内に転移巣を取り除きました。

さらに3〜4週間で、 初発腫瘍は壊死を経て、伸縮し消えました。

ごく最近のケースの1つで、

我々がBoswellia(フランキンセンス)を取り扱う事ができたのは、乳がんのステージ4の患者でした。

驚くべきことに、初発腫瘍(左の胸の11× 9.5×12.5cm)は、悪性潰瘍を残して5〜8週間の間に、壊死し、破砕を経ました。

生検(*患部の一部を切り取って,顕微鏡などで調べる検査)は、オマーンにあるオクラホマメディカルサイエンスユニバーシティにあるMuscat Royal・ホスピタルにて、そこで勤務しているKar-ming Fung氏(病理学博士)の指揮のもと行われました。

3番目のクリニックは、Salalah(南オマーン)の組織病理研究によって、腫瘍がもはや生きていないということを証明しました。

そして、実際、患者がBoswellia sacra extract(フランキンセンス)を塗布したあとのすべての生検はどんな悪性腫瘍も陰性でした。

つまり、初発腫瘍の6つのパーツ(6つの場所)からとられた生検は、悪性腫瘍はもはやないということを、証明しました。

2週目から転移が消えるのが始まって、特に骨転移の連続がはじめに消え、肝転移、そして3つ目は、肺転移が消えました。

驚くべきことに、転移は初発腫瘍の前に消えました。

二次障害(転移性障害)の間に、初発腫瘍はまさに縮んで消え壊死を経ました。

我々が分かった新しいこととは、腫瘍が壊死を経る間、まさにそれは増大していて
、映像技術による患者の経過観察だけでは、フランキンセンスを使っている患者の経過や改善を判断するには十分ではないということです。

バイオマーカー(生物標識)や、映像技術や、生化学的分析に頼る事も同様に、きわめて重要です。

(以上日本語訳終了)

フランキンセンスが前臨床の段階で、非常に効果を実証できたのは、すばらしい事だと思います。
この結果が、医学への発展の道につながっていく事を願いたいと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。