栄養状態で子どもの描く絵は変わる

ぜひご一読ください!

————————————

今や言葉も話せない0歳児にも ADHD と診断がくだされ、
妊婦鬱 という病名がつくと、胎児から精神薬を摂取している時代。

その病気 お薬で「治ってますか?」

いじめが原因で不登校なら、
解決はいじめをなくすことです。

見せなくして、もっとコントロールする能力を奪わなくていい。
存在しない相手と戦わなくていい。

障害でもなんでもない五感が過敏になって右脳が優位になっている状態が
障害児とみなされると、
やがてそのまま障害者となり、
一般就労できずに 月に1万円くらいのお給料で
残りは国のお世話になることになる。

脳内アレルギー=腸内アレルギー。

集団行動ができないその心も、
それをいじめをしたくなるその心も、

栄養不足(や触れ合い不足)なだけです。

たかが栄養不足。されど栄養不足。

ウサギ殺していい?と言ったり、
お人形の手や首をもぎっていた子どもたちも、

ちゃんと栄養で満たされると、可愛がるんです。
そっちが本来の姿です。

食への意識と行動が変わると、
病院に行く人が減ることになり、
それはつまり国費の4分の3の税金の使い道、
国政が変えられるということ。

体も心も食べたものでしか作られない。
食で満たす。そんな文化をみんなで作る♡
家庭の中、地域の中から作れるんだから♡

目覚めよ今から子育ての私たち世代‼︎🇯🇵♡
もう生まれてしまってる子どもたちに残せる未来を作る時間はあんまりないよ‼︎

意識高い系とか宗教っぽいとか言ってる場合でも、
ゆとりとか悟りとか呼ばれとる場合でもねーぞ👊♡♡

長いものに巻かれるのなら、
長いものになれば良いだけ♡

ちょっとした基本に立ち返るだけで
心も体もお金も満たされた暮らしができるなら、
頑なに知ろうとしない方がダサいし、
知ってありがとうと言われないわけがない(笑)

中も外も大事にできる美容科を目指し
お食事の勉強をしていた矢先、

20歳で無排卵月経になり、

「いつか子ども欲しかったら今から治した方がいいよ」と出されたホルモン剤の影響で摂食障害になり、

喋ることも 顔を見せることもできなくなった私に、
親はなんとかしてあげたい気持ちで私を担いで精神病院に入院させたこともある。

だけど食の大切さをわかってた私は自力療法にこだわった。
飲んでも飲んでも眠れないしまっすぐ歩けない睡眠薬にダメだこりゃってなったのもある。

食が整わないと、本当に幸せになりたいっていう本能さえ働かない。
今にも未来にも希望もクソもない。

逆にそこが整ったときに、全部の歯車がうまく噛み合い出すことも知っている。
体は勝手に動いて、明日死んだら困る!って希望に溢れ出す。

それを誰より知っていて
普段これを一人で喋ってる自分が、

本当にいい経験したね
本当に頑張ったね
本当に勉強したね
本当に役目頂いとるね
と、
なんだか段々ピュアになっていくのを感じて愛しくなりました(笑)

それくらい純度の高い会でした。

【内容】

・CCHR(精神保護監視団体、市民の人権擁護の会)日本支部長 小倉譲 さんによる

「本当に必要?向精神薬」

・『食べなきゃ、危険!-食卓はミネラル不足』
『食事でかかる新型栄養失調』著者 国光美佳 さんによる

「食の現実とミネラルの重要性」

・元保育士、食生活の見直しを柱にした療育を目指す 夢の森いずも株式会社 代表 前島由美 さんによる

「ミネラル摂取後の子供達の改善例」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・脳性まひの三つ子のパパ、自然栽培パーティ 代表として
障害者雇用、食の安全、地域のつながり、国土再生に努める 佐伯 康人さん による

「農福連携による本物の食材」

 

本当に素敵な先生方、私の方でも、
石川県にまたお呼びさせて頂きます♡

ドテラとは全く関係のないセミナーにも積極的に参加する中で、
やっぱりこれを全部簡単にまかなえる どの角度からみても死角のないドテラを、
必要な場所に届けたい思いが 強くなります。

だって私、いとも簡単にミネラルを取れる方法知ってます。
日本の医療費を下げたいという思いで海を渡ってもってきてくれたミネラルです。

ミネラルの勉強すればするほど、

どんなミネラルの補給の仕方より

ラクで安いのがよくわかります。

脳から癒せるアロマと
腸から癒せる植物系ミネラル 。
人々をエンパワーするという創業理念。

自分変えるのにも、日本変えるのにも、世界変えるのにも、
今、1番パワフルな船だと思います。

知らない方はぜひ知って、
思いや方向性とマッチする方は
ぜひ乗って 一緒に舵取りしましょう‼︎

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。