入院生活とメディカルアロマ

石川県よりお届け致します☆

エッセンシャルオイル上級スタイリストの五十嵐智代です。

 

先日、お腹に激痛があり5日間の入院をしました。

病院を2件回りました。

 

まずは婦人科の診察。次に内科の診察をしました。

採血・尿検査

白血球の数値が物凄く高くなっていたので、体の中に炎症を起こしていたそうです。

盲腸かもしれないね。と診断されて、総合病院へと移りました。

 

外科の診察をしました。

こちらでも、

採血・CT・レントゲン・尿検査

結果、「憩室炎」と診断されました。

憩室炎とは大腸に部屋ができ、そこに便が入り込み、細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

成人の場合10人に1人の割合でなる病気だそうです。

意外と多い病気なのです。

悪化すると、腹膜炎になったり、最悪の場合人工肛門をつけなければいけなくなるそうで・・・コワイ!

 

私は普通よりも大腸が長いため横行結腸がブラーンと垂れ下がり、その下がった部分に炎症があったそうです。

 

治療は抗生剤の点滴と栄養・水分補給の点滴、腸を休める為に絶飲・絶食でした。

1週間以上の入院予定となりました。

人それぞれ回復度合いが違うため、長い人は3週間くらいかかったりすると言われました。

心の中では「絶対早く回復して見せる!」と、自信満々で思いました。

というのも、普段から健康には気を使い、ミネラルを飲んで体に栄養を与え、自己修復力には自信があったからです。

そして精油の効果も知識として知っていたからです!!

これは強い味方です☆

 

過去に入院した経験から、入院はに色んな心配事が頭をよぎり、不安になります。

しかも痛いし・・・

早く帰りたいってなります。

でも、今回の私は違いました!!

ドテラのメディカルアロマを持っていたので、本を見ながら対処方法を見て、こうすればいいんだと

入院中も自分でケアできる事はやっていました。

Dr.Meを見ながら、書いてあることを実践。

足の裏にペパーミント・ゼンジェスト・オンガードを塗布。

痛い所にアロマタッチ・ディープブルーを塗布。

そして、シャワーが出来ないので、髪や頭の不快なニオイには、毎日ペパーミントやオレンジを塗布。

体の汗の匂いには、ペパーミントやティートリーを塗布。

点滴をしていたので、腹部の痛みで寝れない事が無いように、夜は足裏にラベンダーを塗ったりしていました。

(部屋での使用は、他の方に迷惑になると思い、別のホールで使っていました。)

このように、対処しているうちに、

あの病室の重たい雰囲気の空間が、私の周りだけ、全然ちがう空間に変化したような感じに思えました!!

入院生活が全く苦ではなかったのです(≧▽≦)

後は、早く回復するように神様にお願いです♡

 

2日目から飲み物がOKだったので、ミネラルを飲みだしました。

4日目のお昼からご飯を食べても良い許可が出て、シャワーもする事が出来ました。

5日目点滴終了。

6日目に退院する事が出来ました!!

先生には「回復が早いね」と言って頂けたので最高に嬉しかったのです(*^^)v

血液検査の結果も、この年代の女性で鉄の数値が高いのはスゴイですね!と言って頂けまして♡

自分の体の事が分かる最高のきっかけとなりました☆

 

退院してからは、また再発しないように、ドテラのウエルネスピラミッドを完全に意識して

生活をしていこうと改めて思いました!!

ドテラの健康哲学のお陰で、迷わず実践する事ができるので、とってもありがたく思うと同時に最強の考え方だなと

つくづく思うようになりました(^^♪

この考え方があれば、どんな病気だって怖くないと思えます!!

病気にならない為の予防医学。

今より健康になる為の予防医学。

何かあった時のための医学。

こんな事が全て出来るドテラは本当に素晴らしい!

と、日々出会った事への感謝の気持ちでいっぱいになるのでした☆

Thank you doTERRA♡

[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”true” /][contact-field label=”メールアドレス” type=”email” required=”true” /][contact-field label=”ウェブサイト” type=”url” /][contact-field label=”メッセージ” type=”textarea” /][/contact-form]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。